支持される太陽光発電のメリット

なぜ太陽光発電が人気なのでしょう

RSS 2.0

デメリットも検討して

太陽光発電システムを各家庭に導入することは、環境への負担を減らすためにも有効な策であると言われています。
自然のエネルギーを利用するので二酸化炭素排出量も減少させることにつながります。
それは、国や地方自治体が導入の際の補助金を用意して、導入を後押ししていることでもわかります。
「環境にやさしい」「電気代が減る」「停電時でも太陽さえ照っていれば電気が使える」「余った電力は電力会社に売ることができる」「設置する際には補助金がもらえる」など、太陽光発電システム導入のメリットといえるものはたくさんあります。
しかし、しっかりと検討するためには、デメリットについても考えておかなければいけません。
太陽光発電システムを導入する際のデメリットとして、一番に挙げられるのが、やはり初期費用の高さが挙げられます。
一般家庭への導入でも200万円~300万円ほどかかってしまうことも、決して珍しくはありません。
補助金でいくらか返ってくるのを計算に入れても、やはりその費用の高さはネックとなってしまうのではないでしょうか。
そうした初期費用は、電気代が減ることや、電力会社への売電で、取り戻していけるという説明もあります。
初期投資は高額ですが、一般的に20年程度で、その費用は回収が可能とされています。
が、頭に入れておかなければならないのが「そうした発電量は、一定ではない」ということです。
必ずしも計算通りにはいかないということを覚えておきましょう。
メーカーや施工会社を決定する際には、発電シミュレーションなどを利用する機会も多いかと思います。
そうしたときに長いスパンで、費用回収について考えるのがおすすめです。
また、太陽光発電システムは、屋外で風雨にさらされた状態で長い期間使うものです。
壊れにくい仕様にはなっていますが、現時点では「絶対に壊れないもの」というわけではありません。
そうした点も考慮して、きちんとアフターサービスが充実している販売店や施工会社を選ぶというのも、重要なポイントとなりそうです。