支持される太陽光発電のメリット

なぜ太陽光発電が人気なのでしょう

RSS 2.0

太陽光発電のメーカーいろいろ

太陽光発電システムは、さまざまなメーカーから商品が販売されています。
「どこのメーカーから購入しても一緒なのでは?」と思ってしまいそうですが、メーカーそれぞれによって特徴を持っているものです。
先ほども述べましたが、太陽光発電システムは、太陽という自然の力で発電するシステムになります。
太陽の日照時間がどの程度ある土地なのかによっても、その結果は異なってきますし、自分の家の屋根が向いている方向や高さ、周囲の状況によっても、結果は大きく異なってきます。
そうしたすべての状況を判断し、自分のケースに一番合っているメーカーのシステムを導入するのが望ましいといえるでしょう。
太陽光発電のメーカーには、「ソーラーフロンティア」「パナソニック」「京セラ」「シャープ」「MITSUBISI」「TOSHIBA」などがあります。
メーカーごとに強みもあれば弱みとなる部分も持っているので、自分にとってメリットの大きいメーカーを選びましょう。
例えば「ソーラーフロンティア」のソーラーパネルは、他社メーカー製品よりも、安く導入できることも多いのがひとつの大きな魅力です。
また、影になってしまった場合や曇りの時の発電にも比較的強く、日本の気候にあっているパネルだという評価を得ています。
天候の影響を受けにくいということは、年間の発電量についても安定しやすいということです。
将来的に何年で元を取れるのか、などの計算もしやすい製品だと言えそうです。
が、一方で、パネル一枚当たりの出力が低いという弱点があります。
もちろん、屋根に何枚もパネルを敷くことで解決できるものなのですが、「そもそも屋根の面積が小さい」という方にとっては、どうしてもパワー不足になってしまうかもしれませんね。
「パナソニック」の太陽光発電システムは、価格の面では高めのシステムとなっています。
が、一方で、ここでしか採用していない技術を使うことで、熱による損失を最大限に抑えることが可能となっています。
また、発電量についても世界でトップクラスであり、「効率よく発電し、効率よく使う」ことができるシステムとなっています。
価格の面では高くても、技術に納得して導入したい!と思う方も多いのでは、と思います。